水の健康の深い関係
Dr.パイの水って何?

Dr.パイの水の効果

商品紹介
お客様の声
 
健康の秘訣は生体エネルギーを高めること。
 
さて、皆さんは「健康の秘訣」というと何を思い浮かべるでしょうか?
まずは"食事"と"運動"を考える人がほとんどでしょう。
そして、いきいきと生活していくための意識、つまり"気力"を指摘する方もいます。
しかし、私たちはそれらを総合的に考え、あえて"生体エネルギー"が重要なんだ、と考えます。
では生体エネルギーとは、いったい何なんでしょう?
さて、皆さんは「健康の秘訣」というと何を思い浮かべるでしょうか?
まずは"食事"と"運動"を考える人がほとんどでしょう。
そして、いきいきと生活していくための意識、つまり"気力"を指摘する方もいます。

さて、皆さんは「健康の秘訣」というと何を思い浮かべるでしょうか?
まずは"食事"と"運動"を考える人がほとんどでしょう。
そして、いきいきと生活していくための意識、つまり"気力"を指摘する方もいます。
しかし、私たちはそれらを総合的に考え、あえて"生体エネルギー"が重要なんだ、と考えます。
では生体エネルギーとは、いったい何なんでしょう?
 
生体エネルギーとは?
"生体エネルギー"とは生きていく上でのパワーのことです。

たとえば皆さんの廻りにも風邪を引かない人、病気をしない人、怪我にも強い人がいるでしょう。
それらの人は、生体エネルギー"が満ちている人なのです。
生体エネルギーが満ちていれば、病原菌や体に悪い要因も跳ね返してしまいます。また、怪我をしても回復が早いし、美容の面でも血色が良く、肌もいきいきしてきます。
逆に、生体エネルギーが不足していると、その箇所に悪玉菌がつけこみ、元気がなくなり、病気になってしまう。

身体の中だけでなく、肌や髪の毛も同じです。最近では、生活環境の変化、食生活の変化、環境汚染やストレス社会の拡大などにより、日本でも糖尿病患者が増えたり、ガンで亡くなる方が増大し、また大人になっても治らないアトピーや小児ぜんそく?などなど、昔では考えられなかった病気が蔓延していますが、これも、ひとえに生体エネルギーが低下しているからと考えられます。それでは、人を元気にさせる、その生体エネルギーを高めていくには、どうしたら良いのでしょうか?
病気にならない体づくり
病気にならない身体づくりは、水から始まる生体エネルギーを高めていくには、前項で触れた食事や運動、そして気力が必要です。
しかし、その基本として「水」のことを考えている人は、案外少ないのではないでしょうか?

実は、生体エネルギーを高めるには、この水が重要なのです。 その理由は、人体の3分の2以上が水分で構成されているからです。学術的には、血液やリンパ液、消化液をはじめ、細胞外液、細胞内液など、成人男性(体重 l70kg)の場合、約42リットルの生体水が存在しています。
また、1日あたり約 180リットルの生体水が体を駆け巡っているといわれています(腎臓でつくられる原尿の量)。これらの生体水、つまり水が、1人あたり約 60兆に及ぶ細胞に栄養を届け、また脳などからの指令を伝え、細胞を活性化しながら"生きる力"を与えているのです。
つまり、簡単に言うと、生体水には悪玉菌をやっつけ、善玉菌を育む自然治癒力、免疫力があるといえます。 だから、その生体水が汚れてくると、細胞が弱ってくる。細胞が弱ってくると生体エネルギーが弱る。

生体エネルギーが弱ってくると、病気にかかりやすくなる?。 これは当然なことです。身体に良い水、生体にエネルギーを与える水を摂ることは、健康と美容の基本中の基本ということができるでしょう。
よく、あの人はみずみずしい、この魚はみずみずしい、といった言葉を使いますが、生体水によってもたらされるエネルギーがあるからこそ、こうした表現が使われるのです。 そして、その生体水のエネルギーと近い性質を持った水がパイウォーターなのです。
次のページへ>>>